スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩くスキーの楽しみかた 入門編

さてさて
前回世の中の歩くスキーについての誤解を書いたところで終わってしまったので、今日は本題の楽しみ方です。

この、歩くスキーを履くとどんな楽しみ方ができるんでしょう?

まずはなんといっても雪のフィールドで歩けます。
雪が深いと脚が雪の中に沈んだり、足を取られて非常に歩きづらいものですが、歩くスキーならずっと快適に雪の上で歩けます。
そう、歩いていいんです。
これを意外と知らない人が多いと言うか、オリンピック中継とかで走るイメージが定着しちゃっているですよね。
雪が積もっていれば、雪原、森、低山などいろんな場所で散歩やハイキングができます。
スキーと言っても、スキーゲレンデの初心者コースぐらいの斜度でも登れるんですよ。
冬場にしか見れない景色や植物の表情など楽しみながら自分のペースでトコトコ歩けばいいです。
この辺はスノーシューと同じですね。だから全然きつくありません。
むしろ、登り斜度がきつい場合を除くほとんどの状況で、スノーシューより体力のロスが少ないという利点があります。

慣れてない人が怖く感じるのは下りの場合なんですが、これも怖かったら滑らなかったらいいんですよ。
え?スキーなのに滑らないの?
なんて思うかたいるかもしれませんが、そうです、滑らなくてもいいです。
滑る技術がなければ、スキーをはずして歩いてたり、はじめから下りのないコースを設定したり、そんなのもありです。

だから、普通に歩ける人なら未経験だって気軽に楽しめます。

どうですか、これならやってみようって気になりませんか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ODSS荘川★ひるがの

Author:ODSS荘川★ひるがの
OD-FARM荘川&ODSSひるがのブランチ発
ガイドの日々とツアー、
フィールド情報をお知らせします♪

中部圏のアウトドアツアーなら
「ODSS」でどうぞ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。