スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀の大実験!

さてさて、昨日に引き続き「世紀の大実験」第二弾です

今日は前置きは無しにしましょう
前置きだけでまた力尽きるといけませんから(汗)


それでは、後半スタート!

洗濯を済ませ、一旦乾かしたソックスたち

まずは各自の重さを計量します
ユニクロ       35g
トップバリュー    29g
ファイアーアーマー 28g
ビジョンクエスト   19g
クロスプロ      34g
です
ざっくりいって生地の厚さが重さの違いに現れている感じですね
これから行うテストではこの乾燥状態での重さが基準になりますからね

では、ソックスたちを爪先から同じ長さになるようにハンガーにセット
セット 五本指ソックス

これから行うのは吸水力のテストです
やはり靴下に求められる最大の機能は吸水力でしょう!
かいた汗をいかに早く吸い取るか
この実験は外せません
ちなみに、人間は足から1日平均120mlの汗をかくそうです
個人差や、運動の負荷にもよって違いますが、
登山なら平均以上の汗をかくと思って間違いないでしょう

それでは、セットしたソックスを足首まで水に浸けます

吸水実験

時間は30秒、その後3分間水切りして、水が滴らなくなったら計量です

ここで、早速各メーカーで違いが!
なんとトップバリューのソックスが水に浸かりません!
トップバリューのソックスは、生地の表面がウールのセーターのように起毛し
これが里芋の葉のように水を弾いています

水切り

写真でわかりますか?
左端のトップバリューは水玉が浮いて水を弾いているのが

3分間の水切りをしたら計量です
再計量
乾燥状態の重さから増加した分が吸水した水量となります、多いほど優秀と言えます
計測数の後ろのカッコ内が吸水した水の量です
さらに、後ろの数字はソックス1グラムあたり何グラムの水が吸えるかという
吸水割合です。これも数字が大きいほど優秀と言えます
ユニクロ       96g(61) 1.74
トップバリュー    44g(15) 0.52
ファイアーアーマー 80g(52) 1.79
ビジョンクエスト   49g(30) 1.57 
クロスプロ      103g(69) 2.02

さすがクロスプロ、専用ソックスだけあってダントツの吸水力
吸水割合でもトップです
トップバリューを除けば、生地の厚さ順に吸水力が高いという順当な順位ですね
逆にトップバリューは殆どといってもいいほど水を吸いません
これは予想外・・・
若干、実験方法を間違ったのでは無いかという不安に駆られますが
ここまで来たら続行です!

次は水切れの良さを実験です
いくら吸水力が優れていても、ソックスがいつまでも濡れていたら意味がありません
足が濡れているのと変わらないからです
吸水力と水切れ、そして乾燥の速さという相反する性能が試されます

で、次のテストは先程の実験から引き続きで
脱水機にかけて、水切れの良さを比べる予定でしたが
あまりにトップバリューが水を吸わなかったので
一旦、すべてのソックスを水につけて揉む!
強制的に全体に水を吸わせます
さすがのトップバリューもヒタヒタです

では、脱水機に3分かけて水切れの良さをチェック
ユニクロ       55g(20) 0.57
トップバリュー    38g(9) 0.31
ファイアーアーマー 42g(14) 0.50
ビジョンクエスト   26g(7) 0.36
クロスプロ      67g(33) 0.97
後ろのカッコ内が生地に残った水分となります
今度は数字が少ないほど水切れが良いと言えます
さらに後ろの数字は残水量を乾燥重量で割った、生地1gあたりの保水量です
これを残水割合と呼ぶことにします
まず、予想通りで水を吸わないトップバリューの残水量が残水割合でも上位に
意外な健闘を見せるのがビジョンクエストで残水量ではトップ、残水割合でも2位です

ここで中間順位です
判定方法は、吸水割合と残水割合の差を比べます
つまり吸水力と水切れという相反する機能が高いほど差が開くはずです
1位 ファイアーアーマー 1.29
2位 ビジョンクエスト   1.21
3位 ユニクロ        1.17
4位 クロスプロ      1.05
5位 トップバリュー    0.21

なんと、目立った結果のなかったファイアーアーマーが機能的には1位
これは予想外!
さすが日本の農業で鍛えられたテクノロジーは違います!
2位はビジョンクエスト、スポーツメーカーの面目躍如です
3位はユニクロ、何もかも平均的ということですね
4位は悪い意味で予想外のクロスプロ
吸水力は高いものの、水切れが悪くずっと濡れたままという状態です
5位はトップバリュー、水切れは最高ですが、いかんせん吸水しない

しかし、これはまだ中間結果、まだ最後の実験が残っています
それは速乾性能です
この、脱水が終わった状態から、どれだけ乾くかをテストです
実験方法は、靴の中での速乾性を再現するために・・・

もっさんの服のポッケの中に入れます!

もっさんの中間着のポッケにソックスを入れていきます
公平にするために、折り方を工夫し、すべてのソックスが
ぷよぷよ(^_^;)のお腹に同じ面積で接するように固定します・・・

冷たい・・・お腹壊しちゃうかも
さすがに湿ったソックスが5つもおなか周りにいると寒気がします
しかし、この体温で温められるという状況でこそ、真の速乾力がわかるはず!
ここはじっと我慢・・・
が、ある事を発見!
それはトップバリューのソックスだけは温かい!
吸水量が少ない上に、発熱性能は嘘でなかった!
他の4つはひんやりお腹を冷やし続けています

待つこと90分
再び計量します
カッコ内の数字は、脱水テスト後からの蒸発量です
そして後ろの数字は、蒸発量から計算した乾くまでの時間です
ユニクロ       52g(3) 9.9h
トップバリュー    33g(5) 2.7h
ファイアーアーマー 40g(2) 10.5h
ビジョンクエスト   22g(4) 2.6h
クロスプロ      64g(3) 16.5h

予想通りと言うか、水切り性能のよかったトップバリュー、ビジョンクエストが上位
残る3つは似たり寄ったりですね

このテストでわかるのは、
単純に考えて、トップバリューとビジョンクエストは
万が一ソックスをびしょ濡れにする事態に陥っても
絞って3時間も履いていれば乾くという脅威の事実
しかもトップバリューは多少濡れていいても暖かく感じるという発熱性能付き
中間順位で最下位だったトップバリューが盛り返して参りました!

他の3社は乾くまでに3倍以上の時間がかかるという驚きの差がでました
クロスプロにいたっては16時間!?
専用ソックスなのに?

さらに、取り出したソックスを触ったりして確かめますと
トップバリューはほぼ乾いていると言っていい肌触り
吸水テストではネックだった起毛が、逆にセーターのように暖かさすら感じます
今すぐ履いてもいい状態です
ビジョンクエストも多少生乾き感がありますが、今すぐ履いてもいいかなと思わせます
ただし、発熱素材で無いせいか、ひんやり冷たさは残ります
ユニクロとファイアーアーマーはほぼ同じ状態
洗濯機から出した直後と大差なし。さすがにこれは履けません
ファイアーアーマーは言うほどの発熱性能も感じません
発熱は湿気を吸収して発熱するので、今回は湿気ではなく
水につけたので、発熱出来なかった可能性があります
最後はクロスプロです
もう、ズッシリ重いです
絞っても水はでないので、繊維の奥の方まで水を吸った感じです
しかも肌触りは冷え冷え、絹は涼感性が高いので、冬場に濡らしたら
我慢出来ないのでは無いかという感じです

以上の結果を踏まえての総合結果です

5位 クロスプロ
もはや、綿のソックスと変わりなし、乾きの悪さが目立ちます
これで値段も5倍ですから・・・

同率3位 ファイアーアーマー、ユニクロ
平均的、最低限これぐらいのソックスは履きましょうという目安
ユニクロには速乾ではない、普通の綿のソックスもあるようなので
購入時は注意です

2位トップバリュー
乾きの速さ、発熱性能が飛び抜けています
吸水の悪さをどう補うか工夫が入りますが、冬のツアーに向いてそうです
もっさんはインナーにトップバリューで外に吸湿性の高いソックスを重ね履きしてしたら
良い感じかと思います

1位ビジョンクエスト
すべての実験で常に平均以上をマーク
さすがスポーツメーカーです、料金の安さも魅力
生地が薄いので、冬場の保温性に心配が残ります
これもソックスの重ね履きなどで対応しましょう


以上をもって、今回の実験は終了です!
くだらない長文を読んでいただいてありがとうございました

もちろん、この実験ではわからない履き心地やグリップ力などもありますから
これらのソックスを履いて、実際に登山すれば評価が変わる可能性はあります
それらの体験談は、また機会があれば・・・

それでは!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まめです。ね

なるほど そうか。大いに興味深いです。ちなみに私も五本指愛用者。冷え性です。
こないだ素肌に速乾シャツで走って 汗冷えで思い切り腹壊して 悲しい思いをしたのに
そして みなさんにファイントラックにしなさい!と教えてもらったのに
思い切れず・・・
モンベルアウトレットの肌着を買って 気分で満足してる主婦です。能書きに騙されてるかもしれません。これもみなさんのアンダーウエア集めて検証してもらえませんか。
いや 科学的検証は仕事でやってるんですが 趣味の世界で活かした事ないです。
もしやるなら誘ってください。 分析は得意です。

凝り性なので

理科大好き少年だったので、こうゆうのは大好きです
分析=割り算という意味不明な思考回路があるので
いろんな数字を割りたがる傾向があります(汗)
次はアンダーウェアでやりますか?
では、naruさんには濡れたウェアを着てもらって
何分で乾くかというテストをお願いしたいと思います
正露丸は我々で用意しますので(笑)
プロフィール

ODSS荘川★ひるがの

Author:ODSS荘川★ひるがの
OD-FARM荘川&ODSSひるがのブランチ発
ガイドの日々とツアー、
フィールド情報をお知らせします♪

中部圏のアウトドアツアーなら
「ODSS」でどうぞ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。